冷泉公裕

冷泉公裕俳優。
1947年東京生まれ。B型、水瓶座。劇団文学座に29年間在籍の後、1996年に退団。舞台、映画、TVなどに味のあるバイプレイヤーとして親しまれている。20代半ばより俳優業と並行してライブ活動を開始。団塊の語り手として、ジャンルにこだわる事なく自分の琴線にふれる歌だけを唄いつづけている。

カレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

アーカイブ Archive

旧冷泉ブログはこちら

カテゴリー Category

関連リンク Links

CD album

冷泉風ライブ

冷泉風ライブ冷泉公裕 待望の3rdアルバム遂に発売!今回は冷泉にとって初の試みである、ライブレコーディングCDとなりました。

詳細購入

BomDia!! 諸国漫遊

BomDia!! 諸国漫遊あなたの人生をやさしく包み込む、冷泉風ラブソングス。珠玉のセカンドアルバム!

詳細購入

“眠らぬ愛”へのラブレター

“眠らぬ愛”へのラブレター俳優・冷泉公裕が誘う、どこか懐かしく新鮮な既視感(デジャビュ)の旅。待望のファーストアルバム!

詳細購入

冷泉風ライブのお知らせ

《葛飾北斎巡礼の旅|2018》
「安中・磯部温泉北斎セッション」



〜北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。〜
2018年9月10日(月)18時開演@磯部ガーデンホテル宴会場

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。

また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)
磯部ガーデンホテル公式HP

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
E-mailはこちら

※Facebookユーザーの方はこちらからもお申込み可能です。


《葛飾北斎巡礼の旅とは》

江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849) 北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸〜長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

葛飾北斎巡礼の旅 公式サイト



冷泉公裕 待望の3rdアルバム遂に発売!
アルバムタイトル:「冷泉風ライブ」Live Recording
全15曲+特典DVD ¥4,000(税込)
2017年5月15日発売

今回は冷泉にとって初の試みである、ライブレコーディングCDとなりました。おなじみの「アムステルダム」「ブルーランプ」「On the Road Again」に加え、1st・2nd アルバム未収録の「風よ静かに」「青いジャヴァ」「四つの壁」なども収録!トークや会場の雰囲気まで収録した、臨場感あふれる楽曲、全15曲をぜひお楽しみください。
リハーサル、ライブレコーディングの映像を収めた特典DVD付き!

購入方法
件名に「冷泉風ライブCD購入」、
お名前、ご住所、電話番号、FAX番号、枚数をご記入の上お送りください。
お振込先情報をお送りいたします。送料は一律500円です。

有限会社 エフ・エム・ジー
(営業時間 平日10:00〜18:00)
FAX 03-3400-7856
Eメール fmg489@fmg.jp


長崎原爆の日

2018-08-10 06:21

 

恩師のモダンダンサー西田尭は長崎浦上の上空に広がって行く巨大なキノコ雲を見たと言っていた。

今日は長崎被爆の日。卑小なニュースに大事な事が隠されていく気がする。

昔文学座時代大先輩の高原俊雄さんに言われた事を思い出す。

「冷泉お前戦争中でなくて良かったよ。お前の顔つきだけでやたら叩かれたよ」と。

世の中どうもこんな顔というだけで叩かれるようになって来ている気がしてならない。

そんな時沖縄県知事の翁長さんが死んだ。

これも日本に下される試練なのだろうか。

カテゴリー:-

ブックマーク はてなブックマーク del.icio.us ライブドアクリップ nifty Yahoo!ブックマーク google mixi

 

コメント

コメントする