冷泉公裕

冷泉公裕俳優。
1947年東京生まれ。B型、水瓶座。劇団文学座に29年間在籍の後、1996年に退団。舞台、映画、TVなどに味のあるバイプレイヤーとして親しまれている。20代半ばより俳優業と並行してライブ活動を開始。団塊の語り手として、ジャンルにこだわる事なく自分の琴線にふれる歌だけを唄いつづけている。

カレンダー

  • S
  • M
  • T
  • W
  • T
  • F
  • S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

アーカイブ Archive

旧冷泉ブログはこちら

カテゴリー Category

関連リンク Links

CD album

冷泉風ライブ

冷泉風ライブ冷泉公裕 待望の3rdアルバム遂に発売!今回は冷泉にとって初の試みである、ライブレコーディングCDとなりました。

詳細購入

BomDia!! 諸国漫遊

BomDia!! 諸国漫遊あなたの人生をやさしく包み込む、冷泉風ラブソングス。珠玉のセカンドアルバム!

詳細購入

“眠らぬ愛”へのラブレター

“眠らぬ愛”へのラブレター俳優・冷泉公裕が誘う、どこか懐かしく新鮮な既視感(デジャビュ)の旅。待望のファーストアルバム!

詳細購入

 

『北斎巡礼の旅2018 安中・磯部温泉北斎セッション』というイベントで、

希代の絵師、葛飾北斎とその娘、お栄の熱き絆を「ひとり語り」という形式で紡ぎます。
暫し日常を離れて、温泉で汗を流し夏の疲れを癒しつつ、
日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時を一緒に過ごしましょう!

「安中・磯部温泉北斎セッション」
《葛飾北斎巡礼の旅|2018》

〜北斎が訪れた土地・安中で、北斎の人柄に触れるひととき。〜

2018年9月10日(月)18時開演
@磯部ガーデンホテル宴会場

 

【演目】
・冷泉公裕一人語り「北斎とお栄」
・北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめによる唄と漫才
・その他北斎にまつわるトーク予定

 

浮世絵師・葛飾北斎が本所(現・墨田区)から小布施町まで歩いたコースを辿る《北斎巡礼》

北斎も描いた妙義山がある「安中・磯部温泉北斎セッション」では、俳優・冷泉公裕が一人語り「北斎とお栄」をお楽しみ頂けます。北斎とその娘・お栄(葛飾応為)を、優れたふたりの絵師として、またぶつかり合う親子として、その複雑な関係性を鮮やかに一人語りで紡いでいきます。

 

また、「すみだ北斎美術館」を中心に墨田で活動している「北斎学芸人葛飾ふとめ・ぎょろめ」も登場。北斎の知られざる人物像や逸話を、賑やかに紹介します。磯部温泉で疲れを癒しつつ、日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の人柄に触れるひと時をこのセッションではお届けします。

 

【会場】
磯部ガーデンホテル宴会場
(〒379-0127群馬県安中市磯部1-12-5)

磯部ガーデンホテル公式HPより

【料金】
ツアー参加者:5,000円(軽飲食付き)
一般参加者:2,000円(食事なし)

 

【申込先】北斎サミットジャパン委員会事務局
[電話] 054-263-2211
[FAX] 054-263-2218
[E-mail] hokusaisummitjapan@nkbj.co.jp

 

※Facebookユーザーの方はこちらからもお申込み可能です。
https://www.facebook.com/events/215826689097219/

 

《葛飾北斎巡礼の旅とは》


江戸時代の日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎(1760〜1849)
北斎は晩年(80代)に約250キロ離れた江戸〜長野県小布施間を4度往復して、巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いた。小布施町は1976年に「北斎館」をつくり多くの作品や祭屋台を保存展示している。その小布施と生涯住み続けた現・東京都墨田区を結ぶルートを「北斎巡礼コース」と名付け、11泊12日かけて北斎の足跡・人生を巡る旅が、この北斎巡礼である。

【葛飾北斎巡礼の旅 URL:https://www.hokusaijyunrei.com 】

 

カテゴリー:-

ブックマーク はてなブックマーク del.icio.us ライブドアクリップ nifty Yahoo!ブックマーク google mixi

 

コメント

今年の8月11日は冷泉さんが出演した『ウルトラセブン』第45話「円盤が来た」の放送から50年です。私も好きなエピソードです。DVDも持ってます。
| ウルトラファンレオ | 2018/08/12 9:34 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2018/11/01 1:40 PM |

コメントする